アーウィンマンゴー

宮原果樹園/宮古島
アーウィンマンゴー
料金
オーナー木 1本
50,000円/年間

※送料3300円を含む

消費税
5,000
合計
55,000

アーウィンマンゴーの特徴

.

<とろける甘さ、アーウィンマンゴー>

 

世界で1000種類以上あるマンゴーの1種で、発祥はフロリダだとされています。その後台湾を渡って日本に入ってくるようになりました。現在では国内生産のほとんどを占める大人気の品種で、宮古島でも生産量の90%以上がアーウィンです。

熟してくると、リンゴのように赤くなるところから、「アップルマンゴー」とも呼ばれています。

果実の大きさは300g〜500gで、果肉は熟した柿のような橙色です。

国内で収穫されているアーウィンはほとんどが木で完熟させてから収穫されているのも特徴。

 

 

完熟すると、果実が自然に落下するので、樹の一本一本、果実の一つ一つを注意深く観察しながら大切に育てられています。

収穫時でも糖度は14度以上と非常に高く、流通され、家庭に届けられる頃にはさらに甘みを増しています。

輸入されている安いマンゴーとは比べ物にならないほどの芳醇な香りと濃厚な甘さ、とろけるような口どけが楽しめる極上のマンゴーなのです。

 

宮古島では通常6月下旬〜8月上旬までが収穫時期。

宮原果樹園ではそのうちの2週間程度が収穫時期となっています。

時期的にお中元時期とぴったりなので、贈答用としても人気です。

 

 

 

 

《オーナー様にお届け》

自分の木から採れたマンゴー  5kg(8玉-13玉)

冷凍マンゴー        1kg

 

※宮古島では台風で収穫ができなくなる恐れがございます。

 

《台風により収穫できない場合》

凍マンゴー   7kg

マンゴーの木の皮で染められたストール 1本(非売品)

 

《オーナー様特典》

提携先でのマリンスポーツ・雑貨ご利用時 10%割引

提携ホテルでの宿泊割引

初めて来島される方向けのアテンドプランのご紹介などもございますので、

別途ご相談ください。

 

収穫時期は6月下旬〜8月上旬までとなり

そのうちの2週間程度が収穫時期となりますので、

収穫時期については別途お知らせ致します。

宮原果樹園/宮古島の
こだわりや圧倒的な違い

収穫時期と
マイクロオーナー料金について

品種名 アーウィンマンゴー
収穫時期 06月28日 ~ 08月08日

<オーナーご契約期間>
ご契約日から1年間です。
次年度へは自動更新となりますので、1ヶ月前よりメールにてご連絡致します。
実施予定体験
アクセス
〒906-0013 沖縄県 宮古島市 平良字下里1279-9
宮古空港から車で10分
料金
オーナー木 1本
50,000円/年間

※送料3300円を含む

消費税
5,000
合計
55,000