まつさか農園/有田川町

まつさか農園/有田川町
まつさか農園/有田川町
料金
オーナー木 1本
25,000円/年間

※送料3300円を含む

消費税
2,500
合計
27,500

まつさか農園/有田川町の特徴

.

【個性的な土地でみかんを育てています】

有田は温州みかんを作るために存在するような町です。

南向きの急傾斜、美味しさを作る有機質を多く含んだ古生層の大地、そして少な目の降水量と暖かい太陽。

本当にボーッと畑を眺めていても美味しいみかんが出来上がってしまいます。

さらにこの紀州和歌山は実は柑橘業界の中でも少し変わった土地です。

JAに出荷しない農家が他産地に比べて極めて多いのです!

戦国時代からこの地の人々は権力を嫌ってそれぞれが勝手気ままに生きてきました。だからでしょうか、JAを通さず自立して生産から販売までを行う個性的な農家さんが多いのです!

 

「日本最高のみかん職人」と言われる人も実は和歌山にいるんですよ。

和歌山は土地、気候、人、全てが面白い産地なんです!

ちなみにまつさか農園も草生栽培という変わった栽培方法を行っています。

みかん農家のくせに雑草ばっかり育てています。ぜひ一度、畑を見て下さい。

こんなに緑か!と思いますよ!

 

 

【本当に「忘れられない味」をお届けしたい】

まつさか農園は小さな農家なので大それた夢はありません。

ただ・・・20年後くらいに、お客様から「子供のころに食べておいしかったから私も注文した」と言われてみたいんです。

 

私が農業を始めたのは「子供のころに食べたあの美味しいみかんをもう一度食べるため」です。

まつさか農園のお客様にもそう思って貰えたらこんなに幸せな事はありません。

 

まつさか農園の信念は「思い出に残る果物を届ける事」です。味だけでなく作り方や産地、全部まとめて「まつさか農園」です。有田の自然の恵みに名人達から教わった技を加えて作る「美味しさ」。全ては食べくれた方に「忘れられない味」と思って貰うためです。

ぜひ大事な人と一緒に食べて下さい。そうして頂いても間違いのない品を届けられるよう頑張っています。

 

《オーナー様にお届け》

自分の木から採れたみかん    10kg×2箱  計20kg (1箱/約80個-100個)
無添加100%みかんジュース     6本 (720ml)
※自然災害などの場合は他の木から20kgを保証させていただきます

 

《オーナー様特典》

農業体験や収穫体験(マイページにて予約)
農園レポート(月1回)
ファミツリショップすべての商品 10%割引
ファミツリショップはこちら

まつさか農園/有田川町の
こだわりや圧倒的な違い

【生やしっぱなしの「草生栽培」】
そこには大変な苦労が。
一面みかん畑の有田川町。松坂農園の畑はすぐにわかります。グリーン!松坂農園の畑はとにかくグリーン!それは草が一面を覆っているからです。他の畑が茶色い土がむき出しになっているのに比べて、あえて草を生やして育てる草生栽培。除草するのが当たり前の他の農家さんからは「草に埋まっちゃうで」と心配されたこともあったそう。

草を生やしっぱなしでいいなんて、なんだか楽そうな気がしますが、実はとても手間がかかっています。まずは「ええ草」を生やし、「わり草」を生やさない努力。草ならなんでも良いというわけではありません。ええ草を植え、それが繁殖するようにしてあげます。そうしなければ、夏に生えてくるわり草がどんどん伸びます。

そして「草倒し」。草が伸びてみかんに絡まると、虫が登ってきやすくなってしまいます。さらに伸びれば、みかんの成長を妨げることにも。なので、専用の棒を使って、草を倒していく必要があるのですが、これが重労働。気温30度以上の暑い最中に、熱中症対策にも十分気を配りながら、夏中続くこの作業は、「生やしっぱなし」だからこそ、大変なのです。

松坂農園では、畑に下草を生やす「草生栽培」でみかんを育てています。普通は邪魔者扱いされる草を味方につけて、みかんの木を守ってくれる「ええ草(良い草)」を生やすことによって、「わり草(悪い草)」を押さえこむこの農法。ええ草の代表としては「ナギナタガヤ」や「ヤエムグラ」「ヘアリーベッチ」など。

ええ草たちは、どれも自然によくある雑草ですが、松坂農園ではええ草が生える秋から冬にかけてあえて種をまいて育てています。それぞれのええ草がその特性を生かして、様々な役割を果たしてくれます。

ただ、伸びてしまうとみかんの木に巻きつき、成長の妨げにも。そのため伸びてきた全ての草を、オリジナルに開発した草倒し棒で撫でるように倒して行きます。

【草が重なり天然の栄養に】
草生栽培では除草剤を散布する必要がないだけでなく、天然の腐葉土ができることで土壌の微生物も増え、バランスの良い豊かな土になります。

「わり草」の育ってくる春から夏の時期は、毎日が草との闘い。草倒し棒を使って、ええ草を寝かしつけ、わり草を押さえこみます。そうして草の層ができ、それが堆肥となって、豊かな土へと変わっていく。草生栽培を始めてから50年以上、時間をかけて腐葉土の蓄積した土は松坂農園の財産です。

https://matsusaka.farm/cultivation/

全て見る

収穫時期と
マイクロオーナー料金について

品種名 まつさか農園/有田川町
収穫時期 11月06日 ~ 11月28日

<オーナーご契約期間>
ご契約日から1年間です。
次年度へは自動更新となりますので、1ヶ月前よりメールにてご連絡致します。
実施予定体験
アクセス
〒643-0021 和歌山県 有田郡 有田川町下津野231
見渡すかぎりの山々は、すべてみかん畑。
家と家、道と道の間にも、すきあらばみかん畑。
料金
オーナー木 1本
25,000円/年間

※送料3300円を含む

消費税
2,500
合計
27,500